スタートアップ=ハイリスク?!シリコンバレーの起業をサポートするエコシステム

日本でスタートアップというと、未だハイリスクなイメージで、一般の人からは縁遠い世界でしょう。一方で、サンフランシスコやシリコンバレーでは、毎年ものすごい人数が起業して、その中からユニコーンと言われる1000億円企業が生まれています。このような日本とシリコンバレーの起業文化の違いはどこから生まれているのでしょうか。

シリコンバレーでも、起業はリスキーではある
友人がつい先日、資金調達のあてもなく退職して起業に向けて動き始めました。周囲の友人はこぞって「本当に!?」「…無鉄砲」「大丈夫なの??」という反応をしたそうです。ここシリコンバレーでも多くの人は、いきなり退職するのではなく、日中は普通に仕事をしながら起業の準備をし、「事業の見込みが立ってから」「資金調達できてから」退職して事業に専念する、というルートをたどります。キャッシュフローの見込みが立たないうちに事業に専念するのは、家族を持つ前の若者か、自己資金の豊富なシリアルアントレプレナーが多数派です。

日本との違いは、起業をサポートするエコシステム
シリコンバレーには、初期のスタートアップを金銭的に援助するエンジェル投資家、大型ファンディングにも対応できる著名なベンチャーキャピタル、起業家たちを教育し法律や会計などのサポートもするインキュベーションファンドなどがそろっています。最近は、「ベンチャーキャピタルの投資を受けるのが必ずしもいいわけではない。経営のコントロールを奪われる可能性がある」という認識も高まってきており、自己資金に家族や友人からのサポートを加えて小さく起業しようというコンセプトも広まってきています。小規模な起業から大規模な起業まで、企業家の経験値や嗜好に合わせたサポートシステムがそろっているのが、シリコンバレーの特徴です。

失敗しても戻るところがある
シリコンバレーと日本で、起業への環境が圧倒的に違う点があるとすれば、「起業が失敗した後」です。日本では、一度起業に失敗すると、資金調達の仕方によっては金融機関のブラックリスト入りし、ファンディングや融資が二度と受けられなくなる可能性も高いと聞きます。また、起業家が失敗の後に就職活動をしても、起業家という特殊な経歴の人材を雇いたいと思う会社は限られているでしょう。一方で、シリコンバレーでは、「成功する起業家は、過去に失敗を繰り返し、学びを得てきた人だ」という考えがあり、失敗の経験であってもベンチャーキャピタルなどから高く評価されます。また、失敗して自己資金がつきたら、就職先を探すのは比較的簡単す。GoogleやAmazon、Salesforceなどの大企業はスタートアップ経験者を優遇しますし、場合によってはAcqui-Hireといって企業買収を通じた雇用を行います。こうして、シリコンバレーでは多くの人がスタートアップ<->大企業を行き来するキャリアを形成するのです。

シリコンバレー独特の起業のサポートシステムと、失敗に寛容な環境が、世界中の優秀な人材を引き付けているということがお分かりいただけたでしょうか。次のポストでは、シリコンバレーの会社が優秀な人材を惹きつけるためにどれだけのお金を払っているのか、シリコンバレーのお給料事情についてお話します。

Advertisements

3 thoughts on “スタートアップ=ハイリスク?!シリコンバレーの起業をサポートするエコシステム

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s