出会い系アプリの売却で$575M(700億円)を手にした創業者から見る、資本政策

1週間ほど前、デーティングアプリのPlenty of Fishが$575Mで売却されました。買収したのは、Match.com、OKCupid、Tinderなどを運営する、InterActiveCorpです。この買収により、InterActiveCorpはグローバルのデーティングサイト・アプリ事業での寡占状態を確立しました。

このニュースが市場を驚かせたのは、$575Mという買収額もさながら、36歳の創業者Markus Frindがそのほぼ全額を手にしたということです。一般に、スタートアップは成長の過程でベンチャーキャピタルなどから投資を受けます。そのため、創業者が株式の全部を持っているというのはまれなのです。

MarkusがPlenty of Fishの株式の全部を持っていた理由

Markusは、Business Insiderのインタビューでこう語っています。「Plenty of Fishは、履歴書に書くことを増やすために始めたサイドプロジェクトなんだ。24歳のとき、ASP.NETというプログラミング言語を使えるようになろうと思って、2週間でPlenty of Fishを作ったんだけど、練習のつもりで作ったサイトに、瞬く間に人々が登録し始めたんだ。ベンチャーキャピタルっていうものの存在を知った頃には、もうすでにサイトから数億円の利益が出ていて、投資を募る必要を感じなかったんだよね。お金をもらっても、どう使えばいいのか分からないから。」

自己資金で小さく始めながら、成功をおさめるための条件

MarkusのPlenty of Fishのように、創業者が自己資金など小額の資本で始めるスタートアップをBootstrapped startupと呼びます。一般に、Bootstrapped startupは成長のために多額の資金を使えないため、エンジェル投資・ベンチャーキャピタル投資を受けたスタートアップよりも成功しずらいとも言われています。しかしながら、Markusの例のように、Bootstrappedで小さく始めながらも大きな成功を納める例は、多々あります。以下に当てはまるスタートアップの場合は、Bootstrappedで始めても成功する可能性があります。

1.低コストで始められるソフトウェアスタートアップである:ハードウェアやバイオの場合、初期費用がかさみすぎて自己資金では始められません。

2.新しい市場、ニッチな市場、圧倒的な成長市場などで、宣伝や取引先開拓にお金をかける必要がない

3.投資家以外からアドバイスを受けられる:スタートアップは業界研究から人事・法務まで、多くの専門的な知識が必要です。投資家の役割は、投資だけでなくこういったアドバイスをすることでもあるのです。

以上に当てはまって、自己資金に若干の余裕がある場合は、Bootstrappedで始めるのもよいでしょう。また、最近は、「自己資金でいけるところまでいって、評価額をあげてから投資をうける」というやり方をする起業家も多くなっています。評価額が高いと、同じ額を調達するのに投資家に渡す株式が減るからです。

Bootstrappedで始めるにしろ、投資を受けるにしろ、中長期での資本政策を考えないまま投資を受けるのは避けるべきです。無闇に投資家に株式を渡してしまうと、株主の構成・創業者の株式保有割合という2つの面から、後の資本政策を大きく制限することになりかねません。多くのベンチャーキャピタルは、自分のファームと親和性のない株主のいるスタートアップには投資したがりませんし、創業者の株式保有割合が減りすぎているスタートアップにも経営コントロールの面への不安から投資したがりません。中長期での成長スピードや資金需要をしっかり考えながら、ふさわしい資金調達の方法を選びたいものです。

次回は、アメリカでのスタートアップの一般的な資金調達の仕方、そしてどのように株式を配分するのかについて綴ります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s