エリアによって全く異なる表情を持つサンフランシスコ

サンフランシスコは東京に比べると小さな町ですが、エリアにより表情が全く異なっており、本当に多様性に富んでいます。 今回は、サンフランシスコの代表的なエリアと、その様子をご紹介させていただきます。お盆休みにサンフランシスコにいらっしゃる方も多いようですので、市内観光の際には是非ご参考にしていただければと思います。各エリアに関する詳しい情報(おすすめスポットやレストランなど)も、随時記事にして追加していきます。

まずは、サンフランシスコのエリアマップです。この地図の北側が、海を挟んでMarin/Napa/ Sonomaになります。地図の南側も、サンフランシスコ市に含まれるのですが、今回は省略させていただきます。

SF neighborhood map

 

1.North Waterfront(地図の東北端、抹茶色のエリア)

このエリアはサンフランシスコ観光の定番スポットです。港からは、かつて刑務所として使われていたアルカトラズ島に出るツアーがあります(このツアー、なかなか面白くて私は2回もいってしまいました!)。フィッシャーマンズワーフがあるのもこのエリアで、海を見ながらクラムチャウダーやシーフードが食べられます。観光地なので、味のクオリティは良くも悪くもない、といった程度ですが、雰囲気を楽しみましょう!また、港から少し内陸に向かうとLittle Italyになります(地図のNorth beachのあたり)。Little Italyには本当においしいイタリアンのお店があります。

メイン通り:Columbus通り。イタリアンのお店がいっぱい!

 

2.Russian Hill/ Nob Hill(North beachの西がRussian Hill,その南がNob Hill)

サンフランシスコといえば、急な坂と、その坂を走るケーブルカーです。Russian Hillでは是非、Hyde通りを南下するケーブルカーに乗ってください。途中、世界一ジグザグな道路として有名なLombard通りがあるので、そこで降車してみましょう。ケーブルカーでさらに南にいくと、Nob Hillにたどり着きます。Nob Hillには歴史あるFairmont Hotelがあります。

メイン通り:Polk通り。若者でにぎわうバーやレストランがたくさんあり、ナイトライフが充実しています。

 

3.Marina/ Cow Hollow(Russian Hillの東)(マリーナの詳細ガイドをアップしました!)

サンフランシスコ一、美男美女(特に美女)が集まるのがここMarina/ Cow Hollow。プレッピーなローカル白人率の高いエリアです。ここを歩く美女達は、そろってヨガウェアのブランド、Lulu Lemonのレギンスをはいています。そして、ヨガ用レギンスに合わせるのがなぜかカシミアのセーターや高級バッグ。理解不能です。ここの住人は健康志向が非常に高く、オーガニックジュースやフィットネスクラブが立ち並んでいます。また、Marina北端にあるCrissy fieldはランニングに最適で、西側にずっと走っていくと、20分くらいでかの有名なGolden Gate Bridgeのふもとに着きます。

メイン通り:Chestnut通り、Union通り。ヘルシーなレストラン、ヨガスタジオ、ネイルサロンなどが立ち並びます。

 

4.Pacific Heights(Cow Hollowの南)

サンフランシスコ一裕福な、丘の上の大邸宅の並ぶエリア。ここからは、MarinaやCow hollowの町並み、そしてサンフランシスコ湾が見渡せます。ジンガのMark Pincusが$16M(20億円)で家を買ったのも、このエリアです。ここは先祖代々のお金持ちが多いエリアで、上流階級の社交場があります。若いテック系のミリオネア達がPacific Heightsに家を買うと、「成金ねー」と社交場で陰口をたたかれるという噂もあったりなかったり。以前のポストに書いた絶景スポット、ライオン通りの階段もPacific Heightsです。

メイン通り:Fillmore通り。たくさんのレストランが立ち並びます。ここで年1回行われるジャズフェスティバルは有名!

 

5.Hayes Valley(Pacific heightsをずっと南にいったあたり)

昔はあまり治安のいいエリアではなかったHayes Valleyも、今はすっかり浄化され、洒落たショップや最先端のレストランの立ち並ぶ地域になっています。ブランチスポットが充実しており、サンフランシスコの中心にあるので、友人達とブランチに集まるのに最適です。

メイン通り:Hayes通り。たくさんの洒落たレストランやショップが立ち並びます。

 

6.Downtown/ Yerba Buena/ Financial district(地図の東端)

ショッピングしたくなったら、Downtown/ Yerba Buenaにいきましょう!沢山のデパートやブティックが並びます。また、Financial districtはその名の通りビジネス街なのですが、東の海沿いに出るとこだわりのレストランやお店がたくさん入ったFerry buildingがあります。また、Ferry buildingでは火曜、木曜、土曜の午後2時までFarmers marketをやっており、とれたての新鮮な食材を買うことができます。

メイン通り:ここはすべてが繁華街です。

 

7.Mission(Hayes Valleyをさらに南にいったあたり)(ミッションの詳細ガイドをアップしました!

昔はヒスパニック系住人の多い貧しい町だったミッションですが、シリコンバレーへの通勤がしやすい立地だったため、Googleなどテック系大企業の従業員が多くこのエリアに住み始め、浄化が一気に進みました。現在では、FacebookのMark ZuckerbergなどIT系のミリオネアが多く住む、最もHipでHotな流行の発信地となっています。ヒスパニック系サブカルチャーと超高級レストランが混在する、サンフランシスコの多様性の象徴のようなエリアでもあります。

メイン通り:Mission通り、Valencia通り。HipでHotなレストランが立ち並びます。

 

8.Golden Gate Park(地図の西側をつらぬく大きな公園)

サンフランシスコといえばGolden Gate Parkといっても過言ではありません!そのくらい、ローカルのサンフランシスコ人達はこの公園を愛しています。毎週末、大小のイベントが行われています。年に数回は、いくつもある野外ステージに有名バンドを呼んで野外コンサート(もちろん無料)が行われています。また、De Young MuseumとAcademy of Sciencesがあるのもこの公園。De Youngでは金曜たまに、Academy of Sciencesでは毎週木曜、お酒を飲みながら展示を見ようというイベントをやっています。Academy of Sciencesの木曜の夜は本格的で、DJとコラボレーションしたり、人気のあるフードトラック(移動式屋台)をたくさん集めておいしいご飯が食べられるようにしてあったりします。

 

9.Richmond/ Sunset(Golden gate parkの北側がRichmond,南側がSunset)

サンフランシスコの西に位置するこのエリアは、アジア系住民の多い町です。サンフランシスコは年中涼しい町ですが、このエリアは特に霧の影響を受けやすく、寒くなりやすいエリアでもあります。中心部からはやや離れていますが(といってもSFは小さな町なので、車で20分ほど!)、おいしいアジア料理(中華・飲茶・ベトナム料理・タイ料理・ミャンマー料理など)がリーズナブルに食べられるので、アジアの味が恋しくなったら足を伸ばす価値あり!

メイン通り:Clement通り、Irving通り。おいしいアジア料理のお店やチャイニーズベイカリーがたくさんあります。

 

サンフランシスコは、好況に沸く裕福な町ですが、忘れてはいけないのが、ここはそれでもアメリカの大都市だということ。素敵なエリアに混ざって、危険なエリアもいくつかあります。以下、一人で夜にいくのは絶対に避けたいエリアです。

1.Tenderloin:Downtownの繁華街のすぐ西となり。ホームレスのシェルターが点在し、ドラッグディーラーが闊歩するエリア。SFで最も犯罪率が高い。繁華街に近いので間違って足を踏み入れやすいが、Tenderloinに入ると雰囲気がガラッと変わる(くさい、家の窓に鉄格子がついてる、など)ので、わかるはず。

2.Western addition:ジャパンタウンのある活気のあるエリアから、Geary通りをはさんで南側にいくとWestern addition。アメリカでは貧困層向けに政府が作った住宅街を”Project”と呼ぶが、Western additionには大規模なProjectがある。SFではProjectに住んでるのはほぼ黒人。

3.Mission streetの北の方:ミッション通り(特にBartの16th street station周辺)は高級化の波の著しいミッションの中で残された若干ゲットー感の漂う通りで、ドラッグディーラーやホームレスがいる。

私の体感的には、Tenderloin/Western additionは、昼間でも歩きたくないエリアで、Missionの北側は人通りがとても多いので昼間であれば歩いてもいいと思えるエリアです。いずれにしても、これら危険な地域は歩かずタクシーを使うなど、安全第一で、多様で美しいサンフランシスコを楽しみましょう。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s